komomoの気の向くままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 知っていました

<<   作成日時 : 2010/05/17 14:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

木曜日あたりから旦那が「右耳がなんかおかしい、途切れ途切れに聞こえるときがある」と言うので、
金曜日の朝に「病院に行ったら?」って言ったんです



でも旦那は「今日1日様子を見て治らないようだったら明日行く」なんて言うんです
私としては耳が聞こえなくなっちゃったら大変だと思って
「明日なんて言ってないで、今日行けばいいじゃん、なんで明日じゃないとダメなの?」って聞いたら
「明日は土曜日だから、明日だったらオマエもいつもよりは寝てられるし・・・」




その気持ちは嬉しいですが、私としては早く見てもらったほうが絶対いいって思ったので
無理やり行かせたんです




そして夕方、旦那が帰ってきたのでどうだったか聞いたら
「オレ、恥ずかしくて言えない・・・(o-_-o) モジモジ」と



よくよく聞いてみたら、なんでもなかったんですよ
毎日お風呂上りに旦那はティッシュをこよりみたいにしてグリグリ耳の中に入れて
耳の中に入った水を取ってるんです



たぶんそれがいけなかったのでしょう、そのときに耳クソも一緒にグイグイを鼓膜の方に
追いやっていたみたいなんですよ
その耳クソが結構な大きさになり、鼓膜の前で塞いでいて、その耳クソが動くたび
聞こえなかったり聞こえたりしていたみたいなんです




しかも、そこの耳鼻科の先生の声が大きく、
「耳クソが詰まってるんですよ、ホラみてごらん、凄く大きいでしょう」
なんて言うんですって、その声は待合室にまで丸聞こえたそうで、かなり恥ずかしい思いをしたようです( ´艸`)ムププ








っと、耳の話はこれくらいにして、その耳鼻科は9時受付だったみたいなんですけど、
早めに行ったほうがいいだろうと思って、8:30頃行ったんですって




その時、もう4人位並んでいたみたいで、旦那もその後に並んだそうです
そして、9時前になったら足の悪いおじいさんと付き添いの息子さんが、みんなが並んでる後ろではなく
先頭の人の横に立ち始めたらしいんですよ



旦那の話ではこのおじいさん達はたぶん先頭に並んでいた人よりも早く来ていたのかも知れないと
でも、ずっと車の中に居たんですって



旦那はその状況を見て、なんて図々しいジイさんなんだろうって思ったみたいです
いくら先に来ていても並んで初めて順番になると言うのです(この辺からなんか理屈っぽいですよね)



足が悪くて並べないのは解るけど、だったら付き添いの息子が並べばいい
まったく並ばず、先頭の横に立つってどういう神経しているんだって内心ムカついていたみたいなんです






そして、9時になり入り口が開いたとき、先頭の人が当たり前のように
そのおじいさんに「お先にどうぞ」と言ったんです
それを聞いて、旦那は「オレってなんて器が小さいんだ」って思ったそうです




今でも息子が並べばいいって思っているようで、おじいさんたちがしたことには
疑問を持っているようなんですけど、その先頭にいた女性に対して思ったそうです






私としてはこういうことが果たして器が大きいとか小さいとかの問題なのか?って思ってるんですけど、
間違いなく旦那は器が小さいってことは今更聞かされるまでもなく、嫌って言うほど体験済みです
正直「今ごろ気づいたの?┐(´-д-`)┌ャレャレ」って思っちゃいましたよ
私はすでに10年前から知っていましたよ(( ̄ ^  ̄ o)フンッ!!



でも本人的には自分は器が小さいと解ったけど、大きくなれないとも言ってました ぇ━(*´・д・)━?

決め付けないで、器の大きな男になれよ!!( ゚Д゚)ヴォケ!!








◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆´・ω・`◆








「チャーリーとチョコレート工場」
土曜日にテレビでやっていましたが、これって昔にも同じ映画があったって知ってました?



私はまったく知らなかったんですけど、木曜日の深夜(正確には金曜日なんですけど)に
「夢のチョコレート工場」という昔の映画がやってたんです
解説を見てみると、「チョーリーとチョコレート工場」にそっくりなんですよ
なので、録画してその映画を見てみました
そしたら、やっぱり内容が同じ、ただミュージカル風な感じになってましたけど




1971年(私が生まれた年なんです)にアメリカで公開された映画で
メル・スチュアートという監督の作品なんです
しかも、これには原作があり、児童文学小説『チョコレート工場の秘密』なんだそうですよ



ティム・バートン監督もこの「チョコレート工場の秘密」を原作にしたと言ってますが、
「夢の〜」よりも「チャーリー〜」の方が原作に忠実のようです
「夢の〜」は1971年の作品なのでその当時の技術では色々限界があったようですね



しかも、字幕も年代を感じました
主人公のウィリー・ウォンカやウォンカチョコレートもウォンカではなく、ワンカになってるんですよ
発音の関係で当時はワンカに聞こえたからそういう字幕なんだろうけど
ワンカって〜って思っちゃいました ((*´∀`))ウキャキャ



同じ作品ですが、やはりティム・バートンの作品の方が私は好きかな〜
時代ってこともあるけど、ファンタジーっぽい感じが「チャーリー〜」の方が上って感じがするし
怪しい感じも上って感じがします (。-∀-) ニヒ♪
でもどちらの作品もやっぱり面白い、たぶん原作が面白いんだろうな〜( ´・∀・)(・∀・` )ネー



原作の続編で『ガラスの大エレベーター』って言う作品があるらしいんですけど、
それもティム・バートン監督で映画化して欲しいって思っちゃいました




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
( ゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒゴッ!!!ゴホッ!ゴホッオエェェェー!!!
わざわざ病院行って耳クソ指摘されるって、結構いやいやかなり赤っ恥ですょねー(≖艸ˇ≖๑)ププ
だめですょーkomomoさん。ちゃんと膝枕で耳掃除してあげないと〜。
そぅいえば、ウチの子も最近めっきり耳が遠くなったんだけど、旦那さんと同じ理由かも〜。私はちゃんとお掃除してあげよっと。
ちなみに私、耳クソはそうでもないんだけど、1日外にいたりすると鼻クソがハンパないですが。

列の横入りは私もイラッとくるなぁ。『お先にどうぞ』なんて前のヤツが言ったら、『オマエだけが並んでんじゃねぇぞ。勝手にいれてんじゃねぇ【╬,゚Д゚】ゴルァ!!!』って思っちゃうかもw
そんな私は彼を【おちょこ男(器が極小といぅ意味で)】と呼んでます。

チャーリー、観ようと思ってて忘れてたΣ(≖ˇロˇ≖ノノ
ぅめ。
2010/05/18 11:15
ぅめ。さん
本人も相当恥ずかしかったみたい(笑)
っていうか、結構マメに耳掃除していたみたいだけど、全部耳掻きじゃ届かないところに押しやってたら耳掻きまったく意味ないじゃんって思いましたよ。
ひ、膝枕で耳掻き?背中がゾワゾワしちゃいましたよ〜ガクガク((( ;゜Д゜)))ブルブル
ヾ(・ω・;)コラコラ 残念だけど、ご子息の耳はうちの旦那の理由とは違うだろ。しかも、ぅめ。さんかなりの不器用さんなんだからめったな事しないほうがご子息の為ですよ(〃゜艸゜)クスッ
ヒィー!!ε=(`д´;ノ)ノ 鼻クソがハンパないって、なんのカミングアウトしてるんですか(笑)

ぅめ。さんならそう言うと思ってましたよ。なんてったってクレーマーですもんね(笑)うちの旦那とぅめ。さんどっちが短気なんだろう??2人一緒に居たら常に喧嘩かもね〜(。-∀-) ニヒ♪
それにしても、彼さんよりもぅめ。さんの方が器が小さい感じが・・・おちょこよりも小さい器ってなんだろう?

ジョニーファンなのに見てないんですか〜?ファン失格ですね┐(´-д-`)┌
komomo
2010/05/18 20:16
申し訳ないけど、笑ってしまいました。タイトルを読んだ段階では、耳くそが溜まってたのを知ってたのに知らんぷり?って思っちゃいましたよ(汗)膝枕で耳かきってしてあげないの?円満な空気になれるのに〜♪
そうそう、中学の頃、耳の中でカサカサ音がする…虫でも入った?って気になって耳鼻科に行ったら花の種が出てきたことがありました。綿毛で飛んで来たものが偶然入ったのか?と先生も私も不思議だったことがあります。

並んでいる列に入られるのは気分良くないですよね。私は気分に寄っては直接、声を掛けるかも知れません(言わない日が90%ですけど)「皆さん並んでおられますけど、ココに途中で入るご事情でもおありですか?」って聞いたこと何度かあります。「トイレに抜けていて戻った」とか「友達に代表で並んで貰ってた」とか大体理由を言われますが、横入りした自覚のある人は後ろめたいのか、大体冷静に声を掛けた段階で「スミマセン」って…その場を離れますね。自分も気分悪いけど、自分の後ろで他にも並んでいる人が気分悪いんじゃないかって思ってしまうので、ツイ正義感で…。

チャーリー良かったですね〜でも他にも映画があったとか、原作が…とか知りませんでした。さすがkomomoさんですね〜。映画への拘りがココにも発揮されてますね〜。私は楽しく見られればいいタイプなので背景を調べたりした事ないかも(^^;)
《R》
2010/05/19 12:06
こんにちは


私もかれこれ・・・20年程前に同じ体験を
私の耳はベタ耳で昔(床屋の修行中)は綿棒買うの面倒くさかったので、旦那様同様ティッシュで耳掃除していました。

で・・・ある時、電話の声が聞き取りにくくなり・・・最後は耳が痛くなって中耳炎かと思って医者へ行ったら・・・

旦那様と同じ事医者に言われました

耳垢見せてもらいましたが・・・正露丸位の大きさの耳垢が
コレでは音が聞こえない筈ですよ

それ以来・・・ちゃんと綿棒で耳垢お掃除していますよ
マーボー
2010/05/19 13:09
《R》さん
いくらなんでも私だって耳クソ溜まってるの解ったら教えてあげますよ、どんだけイジワルな人だと思ってるんですか(笑)
たまに目クソがついてる時だってちゃんと「目クソ付いてて汚いから取りなよ」って親切に優しく教えてあげてますよ。
凄いですね、耳の中に花の種が・・・そのまま放置していたら耳から花が咲いたかも〜( ´艸`)ムププ

えっ(・ω・;)!!! 意外なお答えです。私は《R》さんはこの先頭の人と同じく「どうぞ」って言うタイプだとばかり思ってましたよ。しかも、指摘するなんてかなり驚きです。確かに並んでいる人の気持ちを考えたら《R》さんの言われている方が正義って感じはしますし、旦那が言うように付き添いの人が並べば良いんだろうけど、もしかしたら足の悪いおじいさんの傍に居なければいけない事情があったのかもしれないし、おじいさん1人位前に入ってもいいかな〜って私は思っちゃったんですよね〜。ホラ、私ってとっても心が広いから(笑)

普段はイチイチ調べたりしないんですけど、今回は“もしかしたら、ティム・バートンったら昔の映画をパクったのか?”って思ったし、その「夢の〜」がとっても気になって調べちゃいました。でもパクリじゃないって解って本当によかったですよ。だってもしパクリだったらなんか嫌ですもん。
komomo
2010/05/19 20:16
マーボーさん
Σ(・ω・ノ)ノ マーボーさんも同じ体験があったんですか〜。でも旦那も今までに何回か耳鼻科に行ってるんですけどその度に誰かしら「耳クソですね」って言われてるのを聞いていたみたいですよ。今までは自分が笑う立場だったけど、今回は自分が笑われる立場になっちゃっただけの話ですけどね。
結構そういう人多いのかもしれませんよね。でも旦那やマーボーさんは男性だからまだいいけど、女性がこれを言われたらかなり辛いですよ〜。そうならないように私はこまめに耳掃除してますけどね。
正露丸くらいの耳クソ・・・よく耳の中に留まってましたよね。取り出すとき痛くなかったですか(笑)
komomo
2010/05/19 20:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
知っていました komomoの気の向くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる